おでかけノート おでかけノート

養老天命反転地

また行きたい度:★★☆☆☆

養老天命反転地の感想 養老天命反転地は岐阜県の養老公園にある現代美術家荒川修作氏と詩人マドリン・ギンズ氏の芸術を表現したテーマパーク。
以前から一度行きたいと思っていた公園です。

■ ここがポイント!

  • 園内には坂が多いので、歩きやすい靴、できれば運動靴で行きましょう。
  • マップを見ると、大小の日本列島が形作られていることがわかります。お子さんと一緒に日本一周をするのもありです。
  • 「楕円形のフィールド」越しに見た造作物は雄大で壮観です。おおっと思いました。
  • 子供向けの遊具はありません。小さいお子さんには隣接する「こどもの国」がおすすめです。アスレチックス遊具があります。
  • 高台から濃尾平野を一望することができます。

■ 感想

期待が大きかったのですが、同じものがずっと続いているだけのように思えました。私には芸術はわからないようです・・・。残念。
近くには昔話の養老の滝がありますので、セットで行かれるのもいいかもしれません。
娘たちは隣の「こどもの国」が面白かったようで、そっちにはまた行きたいそうです。

日本にはもっとこんな公園があってもいいと思うのですが、心とお金の余裕がないんですね。。

公式HP 養老天命反転地
住所 岐阜県養老郡養老町高林1298-2 >>地図
休園日 月曜日(祝日の場合はその翌日)及び年末年始(12/29~1/3)
料金 入場料:大人 750円、高校生 500円、小中学生 300円、小学生未満 無料
駐車場 有:300円
訪問日 2012年4月8日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ページ
更新日:2015-7-18
PAGE TOP PAGE TOP