おでかけノート おでかけノート

馬籠

また行きたい度:★★★★☆

馬籠の街並み 旧中山道43番目の宿場町馬籠。石畳の坂道沿いに旅籠が建ち並ぶ雰囲気は往時を忍ばせます。馬籠は江戸時代より何度も大火に襲われており、明治、大正にも大きな火災がありました。現在の建物はその後建てられたものです(といっても100年も前の話となります)。

■ ここがポイント!

  • 街道沿いの建物の多くは土産物屋や食堂になっています。「めんぱ」や箸などの伝統工芸品がおすすめです。「めんぱ」は薄い木の板を曲げて作られた容器で、土産物としては弁当箱がいい感じです。
  • 道中おやき:数種類のおやきと肉まんを売っています。蒸籠で蒸した熱々のものを食べながら散策できます。よもぎのおやきも肉まんも、どちらも美味しかったです。
  • 馬籠 うさぎや ぬれおかきうさぎや:手焼きの煎餅のお店で、串刺しにした焼きたて煎餅を持ち帰れます。ぬれおかき(右写真)は中まで醤油が染み込み、もちっとした食感で美味しかったです。
  • 馬籠 ますや 恵那鶏うどんますや:街道沿いの食事処。恵那鶏そば、恵那鶏うどん、栗こわめしを食べました。そば、うどんの出汁は関西人の我が家にはやや濃い目の味でしたが、恵那鶏を焼いた風味が出汁に加わり、それが麺に絡んですごく美味しかったです。そばも美味しかったのですが、出汁と絡んだ感じはうどんの方が合っているように思いました。栗こわめしも何と表現するのが適切か分からないのですが絶品でした。あっさりしているのにしっかりした味というか、今まで食べたおこわでは一番美味しかった気がします。

■ 感想

坂道沿いの町並みというのは風情があって好きです。入ってすぐのところにある桝形と水車も趣きがあります。でも、観光地化がちょっと進んでるかな。そういった意味では妻籠の方が古い町並みという感じを残しています。お昼ごはんを食べるなら馬籠です。妻籠の食堂は開店時間要注意です。土産物屋さんも馬籠の方が大きい店があります。時間があれば両方訪れたいところです。

公式HP 馬籠観光協会
住所 岐阜県中津川市馬籠 >>地図
駐車場 有:無料
訪問日 2017年3月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ページ
更新日:2017-4-2
PAGE TOP PAGE TOP