おでかけノート おでかけノート

森の国 大山フィールドアスレチック

また行きたい度:★★★★★

森の国 大山フィールドアスレチックの感想森の国 大山フィールドアスレチックは、文字通り鳥取県大山の麓の森にあるアスレチックを核とした遊び場です。
アスレチック、大型遊具、グリーンスライダー(ソリすべり)、バーベキュー、キャンプ、それ以外にもバームクーヘンづくり、夏には川登りとさまざまな体験プログラムが用意された大型施設です。

■ ここがポイント!

  • アスレチックは2コースで全45ポイント。それぞれ1時間半ほどでクリアできます。
  • 遊びの広場(芝生広場)には、木製の大型コンビネーション遊具がありますのでアスレチックはまだ早いというお子さんも楽しめます。 この大型遊具、アスレチック顔負けです。
  • 体験プログラムが豊富に用意されています。雨の日でも遊べるものもあります。
  • 季節によって行われている体験プログラムが異なります。事前にHPで確認しましょう。

■ 感想

まずはソリすべりから。結構スピードが出ます。すいているときを見計らって利用することをおすすめします。当たり前ですが混んでいると満足に滑れません。
さて、メインのアスレチックですが、難易度は中~上級です。中には大人にもできないものがあります。お父さんたちが次々にチャレンジしては失敗しています。
森の起伏、樹木をうまく利用しており、木から木へ渡してあるロープやネットを伝ってクリアするというポイントもあります。
「昆虫コース」に「蟻地獄」というポイントがあるのですがここで渋滞します。すり鉢状に組まれた木の板の上を中心から外側に向かって周回しながら走って上り、脱出するというものですが、低学年の脚力では脱出できず中に落ちていきます。 まさに蟻地獄状態です。クリアできない子供が中にたまっていき、人がいっぱいいてぶつかるので思うように走れないというのが渋滞の原因です。注意書きでは一度に6人までと書かれているのですが、気づきにくいのでもっと多くの子供が中にいます。私もやりたかったのですが、余りの状況に遠慮しました。係員を配置して整理をした方がいいように思えました。クリアできた上の娘(5年生)は、このポイントが一番印象に残っているようでした。
3時くらいには大阪に帰る予定だったのですが、まだ遊び足りません。遊びの広場では様々な遊具を貸し出しています。その中から竹馬を借りました。今まで竹馬にうまく乗れなかった下の娘は、ここで初めて乗れるようになり喜んでいました。
ところでこの竹馬、なぜか乗っている半数以上は大人です(私も含む)。周りを見ると、竹馬がうまい大人がいっぱいでちょっと面白い光景でした。

公式HP 森の国 大山フィールドアスレチック
住所 鳥取県西伯郡大山町赤松634 >>地図
休園日 12月上旬・年末年始はメンテナンスのため休園
料金 入場料:中学生以上900円、4歳以上700円、犬500円
その他有料プログラム多数
駐車場 有:無料
訪問日 2011年10月9日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ページ
更新日:2015-7-12
PAGE TOP PAGE TOP