おでかけノート おでかけノート

北京編 景山公園

景山公園 感想 景山公園は故宮(紫禁城)の北に位置する人口の山「景山」を中心とした公園です。その頂上にある万春亭から見下ろす紫禁城は北京を象徴する景色ともいえる必見のポイントです。

■ ここがポイント!

  • 夕方に行くのがおすすめ。夕焼けに照らされた紫禁城の黄褐色の屋根瓦は壮観です。
  • 万春亭からはすごく見晴らしが良く、故宮はもちろんのこと西側には北海公園、北側には遠く鼓楼まで、360度北京市内を見渡せます。

■ 感想

景山公園 ここから故宮の夕景を見ることが今回の旅の目的のひとつだったので、3泊のうち天気がいいどの日でも行けるように柔軟なスケジュールを立てていました。
万春亭まで、景山の高さは45mほどなのですが、ずっと階段で、それも一気に登るのでかなり疲れます。
万春亭では、地元のカップルや老人、欧米の観光客など十数人が涼を得ていました。地元の人の憩いの場にもなっていて、なんでも入場の定期券があるそうです。
残念ながら薄曇りで夕焼けにはならず、夕焼けに照らされた・・・とはいかなかったものの、暮れなずむしっとりとした感じの紫禁城を見ることはできました。
ぜひリベンジしたいです。

住所 北京市西城区景山前街 >>地図
開園時間 6:00~21:00(11月~3月は20:00まで)
交通 故宮神武門(北門)からすぐ
訪問日 2002年5月30日
関連ページ: 天壇公園
  万里の長城
  明の十三陵
  故宮博物院(紫禁城)
  鐘楼
更新日:2013-2-24
PAGE TOP PAGE TOP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加