おでかけノート おでかけノート

保津川下り

また行きたい度:★★★★☆

保津川下りの感想 京阪神からそれほど遠くなく、他にはない体験のできる保津川下り。京都府亀岡市から京都市の嵐山まで、保津川の流れを舟で下ります。 実は子供のころから乗りたかったんです。
夏の盛りを過ぎた9月の終わりに、保津川下り、嵐山観光、トロッコ列車というパッケージで訪れました。

■ ここがポイント!

  • 保津川下りはその日の水量によって所要時間が異なります。所要時間が短いほどスピードは速くなります。所要時間は保津川遊船企業組合のHPで発表されていますので参考にされてはいかがでしょうか。雨のあとは水かさが増してスピードが上がりますので、スリルを求める方は狙い目かもしれません。
  • 船頭さんは3名乗船されていて(4名のこともあるようです)、船首で竿を持って立ち、川底や岩肌を突いて船を進める人、その後ろに櫂を持って漕ぐ人(ここが二人のことがある)、船尾で舵を取る人に分かれています。漕ぎ手が疲れるため、途中2回持ち場のローテーションがあります。
  • 嵐山に近づくと売店の船が、いか焼きのいいにおいとともに近づいてきます。景色を見ながらいか焼きやみたらし団子を食べるもの一興です。

■ 感想

なかなかいい日帰りツアーとなりました。保津川下りは激流ではありませんので、ところどころにある急流はジェットコースターが苦手な方、小さいお子さんでも怖くないと思います。
緩やかな流れのときはのどかで、船頭さんの解説を聞きながら景色を楽しめます。桜や紅葉の季節はきれいではないでしょうか。
途中いくつかの奇岩がありますので、それもお楽しみポイントです。

公式HP 保津川遊船企業組合
住所 京都府亀岡市保津町下中島2 >>地図
休業日 年末年始/暴風雨および増水の場合は運休
料金 入場料:大人4,100円、小人(4歳~小学生)2,700円
駐車場 有:無料
訪問日 2010年9月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ページ
更新日:2015-7-19
PAGE TOP PAGE TOP