おでかけノート おでかけノート

伊勢神宮とおはらい町・おかげ横丁

また行きたい度:★★★☆☆

伊勢神宮 感想 天照大御神を祀る伊勢神宮。古くから「一生に一度はお伊勢参り」といわれ、江戸時代以降、全国からの参拝客でにぎわいました。
今では参道が「おはらい町」として、またその中ほどには江戸時代の建物を移築した「おかげ横丁」が、雰囲気のある街並みを形成し、 土産物屋、 食堂、 食べ歩きの店などを展開しています。

■ ここがポイント!

  • かなり混みます。朝11時前に着いた頃にはすでに駐車場は満車でした。
  • ぞろぞろと参道を歩いていくと、正宮(本殿)前の階段は参拝待ちの列で埋め尽くされていて、ちょっと驚きでした。
  • 境内が広く、結構歩きます。ゆとりを持ったスケジュール立てが必要です。
  • 「おはらい町」「おかげ横丁」は地域主体で昔の街並みが再生されたもの。
    店では赤福本店が有名ですが、串ものやコロッケなどの食べ歩きをしながら街並みを楽しめます。ガイドブックにも載っている「豚捨」のコロッケは安くて美味しかったです。伊勢うどんや手こね寿司などの郷土料理店もあります。
  • ここでは銀行も郵便局も和風建築になっています。探してみてはいかがでしょう。
伊勢神宮 正宮前 おはらい町 おかげ横丁 豚捨 おかげ横丁 はいからさん

■ 感想

伊勢神宮には内宮と外宮があって、本来外宮から参拝しないといけないのですが、少し離れた場所にあるので今回は内宮のみ参拝しました。
広大な境内を歩き正宮に近づくと、樹齢数百年の杉の大木が何本も立ち並び、一直線に天に登る太い幹に圧倒されます。
私は建物好きなのですが、伊勢神宮は正宮を間近で見ることができないのが残念です。ただ、遷宮の年だったので壁越しに白木の真新しい後正殿を垣間見ることができたのは収穫でした。

「おはらい町」「おかげ横丁」は、まあ観光客向けの土産物街なのですが、うまく統一感がとれていて風情があります。売っている食べ物も独特なものがあって目移りします。
次の予定があったので、あまりゆっくりできなかったのが残念でなりません。

公式HP 伊勢神宮
おはらい町・おかげ横丁
住所 三重県伊勢市宇治館町1 >>地図
料金 参拝料:無料
駐車場 市営駐車場:1時間まで無料、2時間まで500円、以降30分毎500円
訪問日 2013年3月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ページ
更新日:2013-3-20
PAGE TOP PAGE TOP