おでかけノート おでかけノート

バンコク編 チャオプラヤー リバークルーズ

チャオプラヤーリバークルーズ 感想 バンコクからアユタヤまで、チャオプラヤー川をのんびりと遊覧しながら移動しました。'99年に続いて2度目の利用です。
乗船したのはリバーシティから出航するグランドパール号。中型のクルーズ船で、船内でビュッフェスタイルのランチを楽しめます。そのほかにシャングリラホテルが運行するものもあります。

■ ここがポイント!

  • アユタヤのツアーに組み込まれていることが多いですが、アユタヤ行きの便と帰りの便が運行されています。当然ランチの時間が変わってきますので、現地ツアーを利用される方はツアー選択の指標とされてもいいかもしれません。
  • 船内には4人掛けのテーブル付きボックス席が並んでいます。椅子は硬めのソファーで長時間でも疲れません。座席指定制です。
  • 船首はオープンデッキになっています。最先端に陣取って流れる景色をずっと見ていました。デッキは風が吹き続けるので結構寒く、長袖シャツ必携です。
  • 船内には日本語の解説が流れていたようですがデッキにはスピーカーがなく聞こえません。
  • 全行程3時間ぐらい。揺れませんので船酔いの心配はありません。
  • 行きの便は8時出航。9時半くらいにティーサービス(デザートもあり)、11時頃からランチが始まります。
  • 私はプライベートツアーを売りにしている現地旅行会社を通じて予約していましたが、下記のHPから予約ができますので、個人でも利用できると思います。アユタヤに着いてからどう移動するかというのが問題ですが・・・。

■ ランチ

リバークルーズ ランチ 鶏肉のカレーやタイ焼きそばなど、タイ料理がメインです。それに中華風の肉と野菜の炒め物(タイ料理かも?)や洋風の魚フライ、サラダなどがあります。スープはトム・ヤム・クンです。
全体的に味は普通。以前乗船したときは、タイ米、カレー、牛肉のいずれも臭く、食べるものに困った記憶があるのですが、それに比べると格段にいいです。
デザートはケーキとタイのお菓子。タイのお菓子をいくつか食べてみましたが、ういろうのような丸いお菓子が美味しかったです。

■ 感想

バンコクからアユタヤまで約3時間、ゆったりとした船旅を楽しむことができました。
チャオプラヤー川は生活に密着しており、水上バス、タクシー、個人の船、タグボートに引かれてゆっくり進む砂利運搬船など様々な船が行き交います。 川岸には、いや、岸をはみ出して水面の上にも住宅が並び、川で洗濯をしたり、水浴びをしたり、魚釣りする子供たちがいたりと、日常の風景が垣間見れます。
エメラルド寺院、暁の寺をはじめとして、多くの寺院を川から見ることができます。タイの寺院は壁にガラス片が埋め込まれているので、そのガラス片と黄金の装飾が朝日を浴びてキラキラと反射します。船が移動するにつれ、微妙に角度の違うガラスや装飾が、金、緑、赤と、色を変えながらキラキラと輝く寺院がすごく幻想的で印象に残っています。

公式HP Grand Pearl(英語サイト):予約可
乗船場所 リバーシティ:123-125 Soi Charoennakhorn 13, Charoennakhorn Rd., Klongtonsai, Klongsan, Bangkok 10600
交通 チャオプラヤーエクスプレス シープラヤー船着場すぐ
訪問日 2006年1月29日
関連ページ: 旅行プラン
  ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
  ワット・マハタート
  ワット・ラチャブラナ
  ワット・プラ・シーサンペット
  ヴィハーン・プラ・ モンコン・ボピット
  ワット・プーカオ・トーン
  ワット・チャイ・ワタナラーム
更新日:2014-6-4
PAGE TOP PAGE TOP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加