おでかけノート おでかけノート

ひがし茶屋街

また行きたい度:★★★★☆

ひがし茶屋街 江戸時代の街並みが残されたひがし茶屋街。国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。
金沢に現存する3つの茶屋街の中では最大の規模で、町屋の雰囲気を活かして雑貨屋や食事処、カフェに改装された建物も多くあります。

■ ここがポイント!

  • 「木虫籠(きむすこ)」と呼ばれる独特の格子戸が他にはない風情を醸し出しています。この木虫籠は、外からは中が見えにくく、中からは外が見えるという工夫だそうです。
  • 加賀友禅や水引細工、九谷焼など金沢独特の雑貨を売る店もあって、一軒一軒ウィンドウショッピングをするだけでも面白いです。
  • 加賀友禅の絵付け、金箔の箔押し、押し寿司など体験施設もありますのでじっくりと腰を据えて楽しむこともできます。
  • 重要文化財「志摩」は内部が公開され、築200年のお茶屋を見学することができます(大人400円、小中学生300円)。庭を見ながら抹茶と和菓子をいただける茶室もあります。
  • 近くに市営の駐車場やコインパーキングがありますが収容台数はわずかです。車では行かない方がいいでしょう。

■ 感想

建物が醸し出す街の雰囲気もいいのですが、雑貨屋さんなどのショップも見ているだけで楽しくなります。カフェでひと息というのもいいかもしれません。

さて、金沢に着いたのが予定より早く、ホテルにチェックインする前にそのまま車でひがし茶屋街に行ったのですがこれが大失敗でした。駐車場待ちに1時間以上。大きなロスをしてしまいました。駐車場のキャパが少ないので、通常の土日でも駐車はできないと思った方が良いそうです。
金沢市内はバスの本数が多く、1日乗車券や安い「まちバス」やなど観光にも使いやすいシステムがありますし、1日200円で市内19ヵ所の拠点間で相互に乗り捨てができるレンタサイクルの「まちのり」も便利ですので、車のメリットは少ないように思います。

HP ひがし茶屋街(金沢市観光協会)
住所 石川県金沢市東山 >>地図
料金 施設により入館料等あり
駐車場 市営駐車場:300円/60分
訪問日 2014年8月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ページ
更新日:2014-8-24
PAGE TOP PAGE TOP