おでかけノート おでかけノート

上海編 小紹興大酒店

小紹興大酒店は国家特級レストランに認定され、上海一のレストランに選ばれたこともある紹興料理の有名店。現在その座はほかのレストランに奪われ、人気も往時ほどではないようです。

■ ここがポイント!

  • 白斬鶏という茹で鶏が名物です。今回はそれが目当。絶品でした。
  • 1階はセルフサービスです。白斬鶏も2階より安いそうですが、きちんと注文できる自信と勇気がある人以外は2階がいいのではないでしょうか。
  • メニューは中国語表記のみでしたが割りとわかりやすく、筆談も含め、意思の疎通には困りませんでした。

■ 料理

注文したのは名物の白斬鶏、麻辣豆腐(麻婆豆腐)、上海烤菜(野菜の直火焼き)、小炒皇(ジャガイモの細切りと何かの炒め物)、水晶大蝦仁(えびの炒め物)、糟溜三白(三種類の幸の酒糟風味弱火炒め)、炒飯、蕃茄蛋花湯(トマトと卵のスープ)に小紹興三宝(前菜3種盛)、それにビールが2本で全部で298.8元(約3,884円)。

全体的にあっさりとしていますが、味は悪くありません。
前菜3種盛の内の一品は、鶏の足の指の酢漬け。指の形がそのままで、ほとんど皮と骨だけのグロテスクな食べ物です。味もそれほどありません。日本ではなかなかお目にかからない代物ですが、個人的には進んで食べたいとは思いません。妻はこういう料理が好きなので、一人黙々と食べていました。

さて、メインの白斬鶏ですが、内臓を取った鶏を一羽丸ごと茹でて、肋骨ごとたたき切ったもので、タレにつけて食べます。鶏にはかすかな香りがついていて、タレはそれを殺さないようにあっさりとしています。これは小紹興大酒店の名物なだけあってかなりの絶品です。ただ、中のほうは一部生煮えのような部分があり、全部は食べませんでした。

■ 感想

案内された2階にはかなりの数の円卓が並んでいました。
ウェイトレスに案内されて席に着きましたが、この人がテーブル担当になっていて、注文も他の人に呼びかけても受け付けてくれません。
たたずまいは少しくたびれた感じもしましたが、変に気取っておらず、中国っぽいレストランなところがいい感じです。白斬鶏だけでも食べに行く価値がありです。

住所 上海市雲南南路75号 >>地図
定休日 無休
営業時間 10:00~22:00
交通 地下鉄大世界駅から徒歩5分
訪問日 2004年4月23日
関連ページ: 緑波廊酒楼
  杏花楼
  南翔饅頭店
  鷺鷺酒家
更新日:2013-6-19
PAGE TOP PAGE TOP