おでかけノート おでかけノート

上海編 東方明珠塔

東方明珠塔 感想 東方明珠塔は上海の浦東地区にそびえ立つ高さ467.9mのテレビ塔で、東京スカイツリーができるまではアジア一の高さを誇っていました。
球体の展望台が三層あり、一番高いものは地上350m。上海の街並みを見下ろすことができます。

■ ここがポイント!

  • 2段目の展望台には、1時間で1回転する回転レストラン、ガラスのない吹きさらしの展望台があります。
  • 地上から最下段の展望台へは、シースルーのエレベーターが繋がっています。
  • 客室は20とわずかですが、空中旅館という名のホテルが塔内あります。 日本の旅行代理店では扱っていないようで詳細は分かりません。

■ 感想

東方明珠塔 夜景私が訪れた2004年当時は、まだ上海ワールドフィナンシャルセンターがなく、この東方明珠塔がものすごく混んでいました。今はましになっているのではないでしょうか。
どこまで上るかで入場料が違いますが、ここまで来たならば一番上まで上らないわけにはいけません。
最上階からの景色は見る角度が違います。模型のような上海の街並みを見下ろすことができます。でも、ちょっと地面から離れ過ぎていて、生活の場を見ているというリアリティに乏しく感じました。ここまで高くなくてもいいかも。

公式HP 東方明珠塔(中国語/英語)
場所 上海市浦東新区世紀大道1号 >>地図
料金 最上段まで:150元、中段まで:135元、下段まで、100元
レストラン:ランチ200元、ディナー280元
営業時間 8:00~21:30
レストラン:11:00~14:00、17:00~21:00
休業日 無休
交通 地下鉄2号線陸家角駅から徒歩3分
訪問日 2004年4月24日
関連ページ: リニアモーターカー(上海磁浮列車)
  黄浦江渡し船
  豫園
  外灘観光トンネル
  虎丘
  寒山寺
  周荘
更新日:2013-7-6
PAGE TOP PAGE TOP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加