おでかけノート おでかけノート

北京編 鐘楼

鐘楼 感想 北京の鐘楼は紫禁城の中心線の真北にあり、広場を隔てて鼓楼と対になって建っています。
現在の建物は1745年に再建されたもので、10階建のビルほどの高さ。焼失を避けるためレンガ造りになっています。 一方の鼓楼はレンガ積みの土台の上に1420年建築の木造のものが残っています。

■ ここがポイント!

  • 上部につり下がる巨大な鐘は、高さ約7m、直径3.4m、厚さが27cmもあり、中国で現存する鐘の中で最大で最古のもの。その音は数十里先(1里は約0.5km)まで聞こえたそうです。
  • 鐘楼の付近には胡同が残り、鐘楼に登るとその風景を上から眺めることができます。

■ 感想

鐘楼の鐘 レンガ造りの土台に大きな赤い木造建築が載る鼓楼。そして全体がレンガ造りの鐘楼。100mくらいの広場を隔てて建つ二つの楼閣は、周りに高い建物がないのでかなり迫力があります。
今回登ったのは独特の雰囲気を醸し出す鐘楼の方。登り口は鼓楼から見て裏手にあります。 入場券を買って建物沿いに裏に回ると小さな入口があり、そこから建物内に入ると長い階段が続きます。45度くらいの傾斜で、踊場もなく一気に4階ぐらいの高さまで登ると、右に曲がって残り十段くらいで鐘のある上部に到着します。前日から階段ばかりでもうヘトヘトです。

鐘楼の上からは市内がよく見渡せ、風が吹き抜けて気持ち良く、疲れが吹き飛びます。
航空写真が掲示してあり、前門から天安門、紫禁城、景山公園、そして鼓楼、鐘楼と一直線に並んでいるのがよく分かります。

鐘楼は古い石造りの建造物がそのまま残されており、しっとりとしたいい雰囲気です。周囲の胡同も庶民的な感じでおすすめのスポットです。
周囲の胡同がそのまま保存されればいいのですが、それは身勝手な思いなのでしょう。

住所 北京市東城区鼓楼東大街鼓楼 >>地図
開園時間 9:00~17:30
交通 地下鉄什刹海駅から徒歩約5分
訪問日 2002年6月1日、2017年8月20日
関連ページ: 天壇公園
  景山公園
  万里の長城
  明の十三陵
  故宮博物院(紫禁城)
更新日:2013-4-14
PAGE TOP PAGE TOP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加