おでかけノート おでかけノート

ハルカス300(あべのハルカス 展望台)

また行きたい度:★★★☆☆

あべのハルカス 展望台 感想 あべのハルカスは横浜のランドマークタワーを抜いて日本一高いビルとして2014年にオープンしました。人工構造物としては東京スカイツリー、東京タワーに次いで3番目の高さです。
その最上部にある展望台「ハルカス300」からは、六甲山から、北摂、生駒、和泉山地と大阪平野を取り囲む山並み、そして淡路島をぐるりと一望できます。

■ ここがポイント!

  • 当日券売場は2階です。あべのハルカス角の16階行きのエレベーター乗場から近鉄百貨店の入口に向かって歩き、入口を越えたところに専用のチケット売場があります。チケットの図柄は3種類あって、昼景、夕景、夜景が順に出てきます。
  • 事前にネットやファミリーマートなどで当日券の500円アップで時間指定券を購入することができます。でも事前には当日の天気が分からないのでどうなんでしょう?
  • 展望台へは、まず2階からエレベーターで16階に上がります。床に引かれている水色のラインに従って歩くと展望台へのエレベーター乗場があります。時間指定券を購入している場合は16階のチケットカウンターで引換券と入場券を交換します。
  • 気になる混み具合ですが、祝日の朝10時頃に行ったところ、チケット売場では5分ほど、展望台へのエレベーターは10分ほどの待ち時間でした。展望台も混雑で窓際になかなか行けないというようなことはありませんでした。
  • 最上階の60階が空調の効いた展望台「天上回廊」になっています。中央部が吹き抜けで周囲を一周できるようになっています。西側窓下の床はガラス張り。足元から地上が見えます。
  • 58階は「天空庭園」。全面ウッドデッキでテーブルと椅子が置かれていてゆったりとできるようになっています。飲食物の持ち込みは禁止ですが、58階にあるカフェダイニングバーからテイクアウトしたものを天空庭園に持ち込むことは可能です。
  • ヘリポートツアーではあべのハルカスの屋上ヘリポートに上がることができます。障害物の無い地上300mの景色を見ることができます。定員制で受付は60階のインフォメーションカウンターです。
ハルカス300 北方を望む ハルカス300 ガラスの床 ハルカス300 天空庭園 ハルカス300 天空庭園

■ 感想

当たり前なのですが、大阪城をはじめ、USJのホグワーズ城や海遊館などいろんなものが見えます。すぐ近くにある通天閣が意外と見つけにくかったりします。そういえば、展望台によくある有料の望遠鏡がここにはないです。そういうところは観光地ずれしていなくてスマートでいいですね。何しろ遠くまで見えますので双眼鏡を持っていくと楽しいかもしれません。
さて、前売りの時間指定券ですが、私の体験談でいえば必要ないと思います。午後からはわかりませんがそんなに混んでいませんし、その日の天気を確認してから登るかどうか決めるのがいいのではないでしょうか。
感想としては満足で良かったのですが、一度行けばいいかなという感じです。もちろん行く価値はあると思います。夕日が沈むのを眺めるのもいいかもしれません。ただ、上海の東方明珠塔でも思ったですが、高すぎて街並みが写真を見ているようでリアリティがなく感じます。じゃあ、東京に行ってスカイツリーに登るないのか?・・・登るでしょうね。

公式HP ハルカス300
住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 >>地図
営業日 年中無休
営業時間 9:00~22:00(11月30日までの時間)
料金 入場料:大人1,500円、中高生1,200円、小学生700円、幼児500円
※日時指定券はそれぞれ500円アップ
訪問日 2014年9月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ページ
更新日:2015-7-18
PAGE TOP PAGE TOP