おでかけノート おでかけノート

バンコク編 ワット・マハー・ウマ・デヴィ(ヒンドゥー教寺院)

ワット・マハー・ウマ・デヴィ(ヒンドゥー寺院) 感想 仏教国のタイですが、バンコクにはヒンドゥー教寺院も存在します。他の寺院とはまったく異なる外観、装飾が興味を引かれます。

■ ここがポイント!

  • 寺院内は撮影禁止です。観光スポットではなく、あくまでも信仰の場ですので失礼のないようにしましょう。上の写真は外から撮っています。
  • 場所はシーロム通りで最寄りの駅はBTSのスラサック駅。駅から10分ほど北に歩いたところにあります。

■ 感想

寺院に近付くと、これまでまったく見たことのない外装に感嘆しました。タイ式の仏教寺院とはまったく異なり、木の彫刻に赤や青の原色で彩色が施されています。屋根がすごいですね。多神教ヒンドゥー教のたくさんの神々が極彩色で並んでいます。
参拝者が多いので邪魔にならないように遠慮しながら見学。寺院内は広くなく、のんびりする場所でもないので、10分ほどで見終わるのではないでしょうか。
寺院周囲には商店が並んでいて、歩道や裏道には屋台が列をなしています。近代化されたサイアムスクエア周辺とは違う、少し昔のバンコクの風景かもしれません。

関連ページ: エメラルド寺院(ワット・プラケオ)
  ワット・アルン(暁の寺)
  ワット・ポー
  ウィマンメーク宮殿
更新日:2012-11-3
PAGE TOP PAGE TOP