おでかけノート おでかけノート

万博記念公園

また行きたい度:★★★★☆

万博記念公園については説明するまでもありませんが、広大な敷地に万博後に再生された森林、花畑、そして遊具が点在しています。 実は緑の再生までが万博のテーマだったそうです。
私が子供の頃、30年ほど前はまだ単なる芝生の広場だったような記憶があります。
万博記念公園にはいくつかの施設がありますが、今回はその中の「自然文化園」、いわゆる公園の部分についてのレポートです。

■ ここがポイント!

  • いろんなスポット、遊具があるのでお子さんの年齢に合わせた楽しみ方ができます。
  • 大型遊具は、「ぼうけん海のひろば」、「やったねの森」、「わくわく池のぼうけんひろば」と点在しています。
  • 芝生の広場はあっちこっちにあり、「せせらぎ広場」では水遊びも可能です。
  • 遊具ではありませんが、私はソラードが好きです。ウッドデッキを歩きながら、森を上から眺めることができます。終着点の展望タワーでは、かなり遠方まで見渡すことができます。
  • とにかく広い。HPの園内マップを見て、目的地を絞って行動した方がいいでしょう。
  • 車で行く場合は目的地で駐車場を選びましょう。

■ 感想

家から近いこともあり、何度行ったことか分かりません。
季節ごとに様々な花が咲いてます。桜シーズンは見事なものです。園内で採れた筍を売っていることもあります。
イベントがよく実施されていますので、確認してから行かれるといいと思います。エスニック料理の屋台が並んでたりすることもあります。
遊具は小さいお子さん向け、大きくなるとボールやフリスビーで広場で体を使って遊ぶのがいいのではないでしょうか。

公式HP 万博記念公園
住所 大阪府吹田市万博記念公園 >>地図
休園日 水曜日(祝日の場合は翌木曜日、一部期間無休
料金 入場料:大人250円、小中学生70円(自然文化園、日本庭園共通)他
駐車場 有:平日800円、土日祝日1,200円
訪問日 何度も行きました。最終訪問は2010年頃かもしれません。
更新日:2015-7-20
PAGE TOP PAGE TOP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加